やまゆりの宿BLOG


初めて当館を訪れた方は、高さが4メートルもある大きな門に驚かれると思います。これは大昔、北京の城塞で使われていたと言われる門でとても貴重なものです。主自らが現地で選び買い求めました。中国で、長い歴史を見つめて来たと思われる門が、こうして今花巻にあることを考えると不思議でもあり浪漫を感じますね。

写真は9月末の「露天風呂から見える紅葉」と「ロビーから見える紅葉」です。10月に入りさらに黄色や赤が深まり、鮮やかになって来ています。当館裏手の山々は散策も楽しめます。ぜひ、この時期ならではのやまゆりの宿を訪ねてみてください。

やまゆりの宿から車で約15分。郊外にひっそり佇む外国の邸宅のようなレストランです。地場の食材を活かした創作ランチが人気です。ランチタイムは11時〜14時30分。詳しくは、http://burarihanamaki.web.fc2.com

花巻温泉バラ園では、5月26日〜7月8日まで「バラまつり」が開催されています。48種類の華やかな競演は見事の一言。園内ではバラのジェラードやコーヒーなども楽しめ、バラ苗もお買い求めいただけます。

当館から約1キロの場所にある「釜淵の滝」。駐車場に車を停めて、滝までは約15分の森のお散歩。新緑からキラキラとこぼれる日差しと川のせせらぎに癒されて、心も体もリフレッシュ出来るおすすめコースです。

当館の小さな売店に展示している見るからに涼しげなダラスアートは、花巻「ダラス工房・森のくに」から分けていただいた物です。価格もリーズナブルでお気軽にお買い求めいただけます。ぜひ、覗いてみてください。

当館裏の「萬寿山」は全国にその名を知られる山野草の宝庫です。週単位で次々と、いろんな種類の花が咲き誇る様は見事です。山頂までは約1時間半のほどよい行程。澄んだ空気の中のトレッキングをお楽しみ下さい。

やまゆりの宿では、客室冷蔵庫に無料の「ビール135ml(成人お一人様1本)」「ミネラルウォーター(お一人様1本)」をご用意いたしました。ご到着時あるいは湯上りに、心地よいひと時をお過ごしください。                  

待った山野草の季節が始まりました。当館の裏の万寿山は全国でも珍しい山野草の宝庫。毎年遠方からも多くの方が訪れます。山頂付近にはまだ雪が残っていますが、足元には可憐な花が咲き出しています。澄んだ空気の中、山道を踏みしめながら見つける山野草・・・心が洗われるような時間です。 img class="alignnone size-full wp-image-1992" src="https://yamayurinoyado.com/wp/wp-content/uploads/2017/04/DSC06320.jpg" alt="" width="800" height="533" />

やまゆりの宿では、ご夕食後の19時〜23時までデロンギのこだわり珈琲が無料でお楽しみいただけます(セルフサービスとなります)。お好きな柄のカップをお選びいただいて、雑誌などを眺めながら旅先の夜をお過ごしください。