今月の投稿: 6月 2021


今年の夏、岩手の《リアル銀河鉄道》こと
「SL銀河」C58形蒸気機関車が、

1年に渡る点検整備を終え運転を再開することになりました。

C58は、1940(昭和15)年からおよそ30年にわたり、
宮古機関区の山田線を中心に活躍していた蒸気機関車です。
1972(昭和47)年に一旦廃車されましたが
のちに「SL銀河」として復元され、
2014年まで宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の
モデルと言われる釜石線を中心に運行し、
2020年8月16日の運転を最後に
ふたたび1年間の点検整備に入っていました。

初回の運転となる2021年8月21日(土)・22日(日)は、
開催中の「東北デスティネーションキャンペーン」と連動した
「SL銀河東北DC結び号」として運転される予定です。
その後は、9月いっぱいの土日限定で、
釜石線内(花巻駅〜釜石駅間)で運転が予定されています。

「SL銀河」C58に連結された4両編成の客車は
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」をテーマにプロデュースされ、
ガス灯風の照明やステンドグラスなど
大正から昭和の雰囲気もたっぷり。
賢治の作品の世界観を感じることができますよ。

物語のワンシーンのようなボックスシートに腰を下ろし
今年の夏は、賢治が愛した車窓風景を
ゆったり眺めながら岩手の旅を楽しんでみませんか?

乗車は全車指定席です。気になる方は早めのご予約を!
(予約は乗車日の1か月前から)


この度、お部屋とラウンジで「NESPRESSO」サービスを始めました。厳選された農園のコーヒー豆を使い、熟練バリスタが淹れる一杯を再現したと言われる本格的な美味しさです。4種類のお味をご用意していますので、飲み比べしながらお楽しみください。