本日の投稿:2020年1月5日


この冬ご紹介する1つ目は、島根県の桑原酒場の純米吟醸「扶桑鶴(ふそうづる)」。きめ細やかな口当たりと、お米の旨味、そしてキレが特長です。お燗または常温がおすすめです。2つ目は新潟県塩川酒造の純米吟醸原酒「願人(ねがいびと)」。酒母の製造日数を通常のお酒の3倍かけており、複雑な味わいを醸し出しています。端麗でキレのある美味しいお酒です。


以前ラウンジにご用意していましたミネラルウォーターは、昨年の11月よりお客様のお部屋に人数分ご用意してございます。湯上がりに、またはチェックアウト後のお車の中で、ご自由にお飲みください。


華やかな前菜「イクラ寿司生うに添え」「三陸タコ旨煮・干柿クリームチーズ」「スナックエンドウ干貝柱佃煮添え・甘エビ菊花巻」で幕を開ける冬のメニューは、先付けの「あん肝」、「鰆かぶら蒸し」、「岩手和牛陶板焼き」など、変化に富んだ味わいで最後まで飽きさせません。全て手作りの美味しさをお楽しみいただきます。


やまゆりの宿では、客室はもちろん館内のあちこちが生花で一杯です。窓の外に広がる雪景色を眺めながら、暖かな館内で花々を愛でるのもまた贅沢なひと時です。


やまゆりの宿では、1階のラウンジと2階の文庫コーナーに様々なジャンルの本をご用意しています。ゆっくりとコーヒーを飲みながら、あるいはお部屋で読書をするのも、この季節ならではの宿の愉しみですね。


今年は岩手も例年に比べて雪が少ない冬です。とは言え一日雪が降れば、あっという間に銀世界に早変わり。最近では、雪が降らない香港や台湾からのお客様もあり、雪景色が見られたと大喜びして帰られています。