観光


宮沢賢治と交流があった高村光太郎は、賢治の死後、弟の宮沢兼六を頼り岩手に疎開してきました。当初は兼六の家に身を寄せておりましたが空襲に遭い、その後移り住んだのが山林の中の山荘で、7年ほどここで暮らしました。質素な家は秋冬は相当寒かったと思われます。ぜひこの時期にも訪ね、光太郎の心中を感じていただけたらと思います。

山間を縫い台温泉に向かう道の両側も、温泉の山々も、そして宿の下を流れる小川も、黄色と橙の絨毯の様な紅葉です。あたたかい鍋料理や心まで温もる温泉を楽しみに、この時期ならではのやまゆりの宿を是非お訪ねください。

カサカサと落ち葉を踏みしめながら目指す釜淵の滝・・・。静寂の中の、心地よい川のせせらぎと燃えるような紅葉。ほんの少し通りから入るだけで、別世界を散策できるおすすめスポットです。当館から車で約3分の近さです。

世界遺産「中尊寺」は何と言っても金色堂で有名ですが、樹齢300年の大杉や能舞台など見どころが沢山あります。また、趣のある茶屋や土産屋など、そぞろ歩きが楽しく半日たっぷり過ごすことが出来ます。  

車がすれ違うのも大変な狭い道に、温泉宿がひしめく台温泉。あっという間の距離ですが、テクテクと歩くと色んな発見があるものです。朝の清々しい空気の中、路肩の花を眺め、せせらぎを聞いて、台温泉神社を訪ねたり・・・ほっとする「旅時間」をお楽しみください。

6月17日〜6月25日は当館敷地内を流れる小川でホタル鑑賞ができます。暗闇にほのかに浮かび上がる光はとても幻想的。テラスからも眺められます。写真は6月20日に撮影した実際のホタルの写真です。ぜひ、この機会に足をお運びください!

当館の売店で扱っている「台焼」。地元で採れる良質の陶石を使った東北では珍しい陶器の窯です。明治28年から5代続く歴史を持ち、現地では初代からの作品も展示されています。住宅地の中ながら、緑に囲まれた素敵な空間です。 有限会社 台焼  TEL 0198-27-2622 (見学および陶芸教室は要予約です)

当館から車で2分ほどの場所にある「釜淵の滝」。道路脇の駐車場から300m、心地よい緑の回廊を歩いて到着します。高さ8.5m幅は30mの美しい滝です。周辺は30分ほどの遊歩道になっています。

「羅須地人(らすちじん)協会」とは、宮沢賢治が開いた私塾で、その時に使われていた家が今は花巻農学校の一角に静かに佇んでいます。小さな教室の椅子に腰掛けると、なんだかタイムスリップしたような気分になります。場所は、当館より8.6㎞約15分の距離です。

当館から「高村山荘」までは14km、約20分のドライブとなります。緑に囲まれた山荘は、詩人・彫刻家の高村光太郎が空襲で東京の家を失い、この地に疎開し7年間一人で暮らしました。土間を含めて15畳の小さな家は当時のままで、詩人の生活が偲ばれます。